2011年5月27日金曜日

The Cable Guy

もともと音楽や映画が好きで、よくチェックをしているのですがやっぱりジャンルや好みには偏りがあるようで、意外と名作と呼ばれる作品やベタベタなものでさえ知らなかったりします。

つい先日もNorah Jonesの最新作 "FEATURING NORAH JONES" 10曲目のTalib Kweli featuring Norah Jones  "Soon The New Day"を聞いている際に気になるフレーズがありました。




気になったVerse 1の最後のフレーズ 
Come through like the cable guy
Get 'er done
That 'ole hit 'n run
Turn into bitter ones
Tonight is catch me if you can
You can taste the ginger bread
Ain't nothing like wakin' up with a stranger in yur bed
Nope!

全体のリリックがどうこうとかはあえて言いませんが、とりあえずこのライムを聞いた瞬間 "the cable guy" ってなんやねんと?疑問をもちました。言葉の意味はケーブルテレビの配線業者?全くもってリリックの前後の意味が繋がりません。
とりあえず、気になるといてもたってもいられない性分なので、リサーチした結果 "The Cable Guy" は1996年公開されたアメリカの映画のタイトルからquoteされたものとわかりました。

下記に映画の詳細を↓



Title: The Cable Guy
Release Date: 1996
Country: United States
Director: Ben Stiller
Writer: Lou Holtz Jr.
Cast: Jim Carrey, Matthew Broderick, Leslie Mann, Jack Black, and etc...


Jim Carrey主演のサイコスリラー映画で、ジャケットのだささも含め、あまり自分が好んでみないジャンルの映画でしたが、観ると一転Jim Carreyのほぼワンマンな極度のエキセントリックな役どころに、ただただ驚かされるのと同時に、狂気と切なさを感じさせるストーリーはほのかに苦い後味を残すような作品です。

そしてこの "The Cable Guy" をquoteしてライムを作るTalib Kweliも素晴らしいですね。まあ、Rapでquoteに使うぐらいのタイトルってアメリカ人なら間違いなくみんな知ってるんでしょう。

その根本がわからないと繋がらない歌詞の意味。奥深いようで理解できないのではやっぱり自分が無知に過ぎないからですね。

人生常に勉強です。

0 件のコメント:

コメントを投稿