2011年5月30日月曜日

R.I.P. "Godfather of Rap"

 
R.I.P. Gil Scott-Heron (April 1, 1949 – May 27, 2011)


彼は70年代当時の社会情勢を痛烈な詩の語りと、力強い歌声でレーベルした詩人であり伝説的なミュージシャンでした。ブラックミュージックの中でも言葉に不満や怒りを込め、社会風刺的発言をするといったattitudeは間違いなく今あるRapミュージックの先駆者であったと思います。その痛烈な黒人差別に対するアメリカ政府に対しての批判や、肥大する資本主義に対する不満を歌った歌詞は彼が "Godfather of Rap" と言われる由来となったのでしょう。


"The Revolution Will Not Be Televised" (革命はテレビで放送されない)


このメッセージは1970年に発表された彼の代表曲のタイトルであり、ラップでも引用される有名なフレーズです。
内容は1970年代のアメリカは黒人差別が一番ひどい時期であり、白人が完全に社会を握っていました。もちろんテレビ番組は白人の為につくられており、テレビを見る暇があるぐらいなら、自分で活動をして革命を起こせという熱いメッセージ。今聞いてもかなり濃いーーーのは間違いないです。

あーー、それにしても悲し過ぎる。R.I.P. at last, Gil.


 
  

0 件のコメント:

コメントを投稿