2011年6月21日火曜日

Windy Lady


この時期の雨上がりの夕暮れ時の空はめちゃくちゃ綺麗。

今日もふと空を見上げると紫っぽいというかなんとも表現しがたい綺麗な空の色をしていました。

梅雨時は晴れていても急に雨が降ったり、空気もジトジトしているので気分がドンヨリしますが、ちょっとした晴れ間が素晴らしかったり、大地と人類が共存していく中で、陰と陽といいますか、人間だったらSとMのような関係がなりたつ瞬間というか、、、ふとそいった気分になります。

なんかつかみ所のない女性に近づいては離され、近づいては離され、、、その彼女との愛なんてつかの間の幻じゃなかったのかと…


めんどくさい例えですいません。


そんだかそんなやりきれないモヤッとした今の時期にピッタリの曲をご紹介します。

曲は山下達郎の "Windy Lady" でこちらは1976年発売のデビューアルバム「Circus Town」からのナンバーです。

このアルバムは今では普通かもしれませんが、デビュー作でNYとLAでレコーディングを行ったという、POPSマニアの中では名作中の名作だと言われています。

山下さんの曲で好きなナンバーはいろいろあるのですが、今回は今の時期になるといつも聞きたくなるナンバーということで "Windy Lady" をご紹介させて頂きました。

今では様々なアーティストのカバーも出ているので、一度は耳にしたことがあると思います。

ただやっぱりこの時代の音楽はやばいもの盛り沢山です。基本的にバンドセットなので音の厚みや、曲の表現力が半端なく、圧倒的に素晴らし過ぎる!!

山下さんの初期の作品は本当に日本人が作ったサウンドとは思えないぐらいソウルフルで彼は間違いなく "Japanese Soul Man" ですね。

蒸し暑い日はまだまだ続きますが、素晴らしい曲を聞いて、スッキリとした気分になって頂いたら幸いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿