2011年12月31日土曜日

Bye Bye 2011, Welcome to 2012

今年一年お世話になりました!

来年は間違いなく飛躍の年になるように頑張ります!

それでは!

Have a wonderful day to everybody!!

2011年12月28日水曜日

Fugu


たまには贅沢をしたいよね??ってことでクリスマス明けの日てっちりを食べにいってきました。

クリスマスにろくにプレゼントも渡してないので、怒り気味の彼女を納得させるのはやっぱり食い物でしょーっとことで、彼女の知り合いの食通?に紹介してもらったフグ屋に連れていかれました。

あっ、 料理の写真もちろんありません。。。

出されたものはさっさと食べてしまうので、やっぱり写真なんて撮ること自体いつも忘れてしまいます… 反省。

感想はフグってめっちゃおいしいねんなーって食べ慣れてないもんでそんなとこです。白子なんてこれ食ったらコレステロール溜まるなとはっきり理解できるぐらいイルな味。めっちゃうまいですね。

やっぱりうまいけど高い!!

でも食後の満足感はやばいですね。やっぱり食べ物の力ってすごいです。



ちなみに僕だけサプライズでプレゼントもらいました↓

ずっと探していたオリーブスエードのキャスケット!!

これは渋い!!実はずっと探してたんですけど、どこいってもサイズがなくて…


って…


もらったこれもサイズが違う 笑

まぁ ちょっと小さいけど大事に使います。

ありがとさん。

2011年12月26日月曜日

Dojima Swiss Roll Cake


そーいや先日24日にマネジャーからロールケーキ頂きました。

クリスマスプレゼントですかね?

予期していなかったので、びっくりしましたけど… 家族でおいしく頂きました。

2011年12月11日日曜日

SERPICO


1973年製作のアメリカとイタリアの合作の名作"SERPICO"

1971年にNY市警に蔓延する汚職を告発した警察官"セルピコ"の実話に基づいたストーリー。

この作品はストーリー自体は非常にシンプルな作りですが、何故か何度でも見たくなる…そのような感慨深い作品です。

人によって映画の評価って様々だと思います。

僕はストーリーやキャスティング、もちろん脚本や演出など気にするところはいろいろありますが、やっぱり最終的にはどれだけ印象に残ったか。これは非常に大事にしているポイントだと思っています。

この作品が自分にとって印象的なものとなった理由に、文句なしにかっこいいと思えるアメリカンファッションアイコンがいるということ。それを十分すぎるほど堪能できるということです。

そのファッションアイコンが強烈な異彩を放つアル・パチーノ演じるセルピコ。

警察学校を卒業後、署で警察服を着て働いていたセルピコですが、警察官として正義感をもって働くことに生き甲斐を感じ始め、より事件の本質に近づく為、のちに私服警官としての道を歩んでいきます。

制服姿から髭をたくわえ私服警官に変貌したセルピコは真面目なルックスから一転、その姿はまるでヒッピー 笑

もちろん70年代初めという(反ベトナム戦争のヒッピーカルチャー)時代背景も少なからずあるかもしれませんが、あえて無精髭をたくわえ着崩した着こなしのスタイルは、スラム街など危険な場所に潜入することがほとんどの任務の私服警官にとって、目立たないように周りの環境に適応するのは必要不可欠な事。

ただ、その全てのスタイルがとにかくハマっていてめちゃかっこいい。

トラッド・プレッピー・ワーク・ミリタリー・ウェスタンなどスタンダードなアメリカンスタイルをベースに独自にMIXした着こなしは、もちろん基本に忠実ですが、基本の中に外しもあって見ているだけで勉強になります。


さすがにそのまんま同じ着こなしをしても、こうはなりませんが、やっぱりこういうロールモデルがあるってイメージが膨らむじゃないですか。

帽子が好きな自分にとっては小物使いも非常に影響を受けています。

映画って内容や評価ばっかりが全てじゃないと思うんですよね。洋服や音楽、違ったところをリレイトさせて昔の映画を掘っていくのも自分にとっては楽しみの一つです。

またなにか紹介したいと思います。

2011年12月2日金曜日

RRL WOOL HUNTING CAP


今日もぐっと冷え込み、家からまた寝かしていた帽子を引っ張り出してきました。

数年前に購入したRRLのバッファローチェックのハンティングキャップ。

毎年似たようなデザインがでる定番のデザインですが、これはレザーバイザーで両サイドの耳当てはリブニット仕様となっており、寒い日には本当に大活躍するアイテム。

フィッシングキャップなどたまーにリリースされるRRLのレザーバイザーの帽子は、特に年配の方にお好きな方が多いはず。

私も好きは好きなのですが、なかなか年齢を重ねていかないとこの手のデザインは浮いちゃうので、所有欲だけで放置気味のものが多いのですが、やっぱり着用しないと似合っていかないのでどんどんトライしていきたいと思っています。

ディテールを↓

これは濃いーですね。

かっこいい!!