2017年10月18日水曜日

pieces style 95

だいぶ冷え込んできたので、昨日から羽毛布団に変更、



そしてウールシャツを使ってのpieces styleを更新しました。











ちょいと派手な色味のフーディーにレイヤードでパープルをインナーにかます。



ウールシャツは甘目なライトブラウン、奇抜な色味をソフトに調和してくれますよね。



細かいギンガムチェック柄のイージーパンツ、柄の大きさだけに見た目に変化がでるボトムスだけに今季要チェックですよ。クラシック柄をモダンにはめるのがやっぱりマイスタイルです。



足元はしれーっと私物もGETしたコンフォート、靴にボリューム感をプラス。適度なボリューム感は今年のトレンドですな。



ワイドでもテーパードでも妙な存在感を放つ感じ。



トラックパンツにボリューミーな足元という方程式もばっちりはまると思います。







今年もやっぱりカラー、



色はやっぱり元気になりますよね。



ご参考になれば幸いでございます。


2017年10月16日月曜日

Stripe Waffle...

ロンTならよくあるストライプ柄もワッフル地だとFreshにみえる。









チェックシャツとのレイヤードだったり、ストライプ柄のボトムスとのコンビネーション。



柄×柄でも取り入れやすく、比較的イージーに纏まるストライプ、



普段は敬遠しても、旬のサーマルだと間違いないと思います。



使える地味アイテムなので是非のチェックを。





RALPH LAUREN / L/S WAFFLE STRIPE THERMAL CREW NECK - BURGUNDY





RALPH LAUREN / L/S WAFFLE STRIPE THERMAL CREW NECK - GREY



これもゆったり目、ワンサイズアップぐらいが調子いいです。



お勧め。


2017年10月15日日曜日

Color Thermal...

秋雨前線が戻ってきてる?みたいで気温はグッと落ち着きましたが、雨が長いこと・・・



なかなかスタイルを撮れないな・・・



あまり商品紹介できていませんが、ボチボチ店頭の在庫の変化がありもう少し減ったら・・・次にもまだまだスタンバイしているのでお楽しみに。でも売れないと出せない・・・いや出さない・・・いや出せないってとこが本音ですかね 笑 まぁー気分で出さない可能性も多いにあるので、気分よく仕事したいものです。



とりあえず今のシーズンはばっちり揃っていると思うので、しっかりチェックONE TWOしてくださいね。



今日はレイヤードの必須アイテム、店頭でも人気のカラーサーマルをご紹介させて頂きます。











数年に一度の間隔でやってくるサーマル熱、



柔らかいワッフル地にジャストサイズで着用してもオーバーで着ても雰囲気のでるやつ。



一昔前のムキムキボディーにピタピタ系だったり、ガリガリボディーのフィット系だったり、トレーニングウェアというのを通り越して様々なスタイリングで使われているサーマル。



今年は2000sのリバイバルでカラーサーマルをレイヤードに色合わせでカマすのがFreshではないかと思います。



定番の黒・グレー・ナチュラル系以外のカラーってありそうでないんですよね・・・



提案としてはゆったりとしたサイズ感でニットのようにゆるくきたり、もちろんレイヤードの時の袖先部分や裾などチラリズムでどんどん活躍させて欲しい一枚。





RALPH LAUREN / L/S WAFFLE THERMAL CREW NECK - GREEN





RALPH LAUREN / L/S WAFFLE THERMAL CREW NECK - YELLOW





RALPH LAUREN / L/S WAFFLE THERMAL CREW NECK - PURPLE 



ワードローブのプラスアルファとして使える一枚なので、是非ともこの機会にチェックしてください。



普段よりもワンサイズUPぐらいがマイレコメンド。


2017年10月12日木曜日

Fly "Glow in the Dark"...

当店の5周年記念に作ったプロモーションMIX CD「Fly... mixed by DJ Yasushi(Groovenut Records)も記憶の新しいところ、次のプロジェクトとしてTシャツとフーディーをリリースしました。












実はTシャツというものをお店のロゴを入れて作るのは初めてのことで、数年前だったらあんまり乗り気ではなかったかもしれないけど、海外のアーティスト達の中でもOLD SCHOOLな手法として用いられている人と人とのコミュニケーションツールになるものをお店として残したかったのが単純ながらコンセプトです。



キース・へリングが地下鉄に書いたwall artを当時無名のEric Orrさんがその作品の上から自分の作品をボムし、のちに怒ったキースが仲間を使って作品を消したアーティストを探していたところ、そのボムした自分の作品のTシャツを着ていたOrrさんがブロンクスのパークジャムで発見されるという逸話があったり。その後和解してコラボレーションに繋がったみたいです。



バイザウェイ、



全然違う土地で生まれ育ち、カルチャーも違う中で「共通の好きなコト」で繋がれる。



大人になるとある程度社交的にはなれるけど、日本って自分も含めほんと"SHY GUY(シャイなやつ)"の集合体、たとえ気になるものが知らない人が身に着けていた時によく聞く、海外独特の「Where Did You Get Those?(どこでゲットした?)」と尋ねてコミュニケーションを図るカルチャーはほんとないに等しいと思います。



あとで"こそこそ"インターネットでサーチして逆に時間かかりますがな。そしてそれをDIG(掘る)と勘違いしている人も多い。



コミュニケーション下手ってこと、大人になると話をする難しさを痛感するのも事実。上手い下手はあるけど自分にとってもかなり難しいなと思っています。



エニウェイ、



どんな形であっても少しでもこのMIXCDをきっかけにどこかでお話しのネタにでも使ってくれればという感じです。



やっぱり"好きを共有"できる人に出会えるのも人生の楽しみだと思います。特に狭いコアでニッチなジャンルになればなるほど・・・



肝心のアイテムはTシャツとフーディーの2型2色展開です。











背面はビンテージのバンドTっぽいイメージで。



CDのアートワークを担当してくれた神戸発DUMBO(ダンボ)の深緑のコラージュアートを背面に大胆に施し、思い入れのあるトラックリストを配置。









CDをGETしてくれた方には分かる内側のトラックリストのデザインをフロントに。



時代を戻したようで少し早めな厚めなUSラバーな雰囲気のラバープリントにしてモードな雰囲気にハメてみました。



ヘルムートラングとか90s~2000sの年代のデザイナーTシャツにFEEL。



ピカッという具合にはいきませんが、暗闇の中でボンヤリと鈍く光るネオン管のような狙いで蛍光蓄光インクを使用しております。





Fly... mixed by DJ Yasushi (Groovenut Records) "GROW IN THE DARK" Tee - BLACK




そしてどうしても作りたかったお色違いのピンク、ピンクはスライムのようなライムグリーンとの色合わせです。








Fly... mixed by DJ Yasushi (Groovenut Records) "GROW IN THE DARK" Tee - PINK




パーカーは肩幅・身幅だいたい同じぐらいの丈短めのボックスシルエット。8ozでライトウェイトだけど、裏起毛なんで保温性高いです。











Fly... mixed by DJ Yasushi (Groovenut Records) "GROW IN THE DARK" HOODIE - BLACK



パーカーもTシャツと同じ配色で、







Fly... mixed by DJ Yasushi (Groovenut Records) "GROW IN THE DARK" HOODIE - PINK



今年はトラックパンツと合わしせて、上にレザージャケットやコートを羽織ったりアフロパンクな雰囲気にハマりそう。







Lサイズ着用(173cm 62kg)



そしてそして、



今回のTシャツとパーカーの発売を記念してDJ YasushiのMIXCLOUDに"Fly..."をアップしてくれました。







帰り道に歩きながら聞いていたけど、データで聞いても最高。



ノベリティー配布で残念ながらお渡しできなかった方は是非ともこのMIXを楽しんでくださいね。



それでは世界のどこかで出会う"Fly..."にFeelする方々へ届けばいいな・・・



再生産なしですので、この機会に是非です。


2017年10月6日金曜日

Foods...

買付の思い出日誌の一つとして食事、



いろんな都市を巡ったりする買付だけにご当地グルメ的を楽しむのも自分のスタイル。



ニューヨーク含めアメリカは世界中のカルチャーが集まってるのでほんといろんな食事がある。



本当はもっと食べてるけどちょっと印象的なやつをを載せてみました。



ちょっと偏った内容ですが、実際はもっとバランスよく食事をしていると思うのでご心配なく。







マイフェイバリットのベトナム料理のフォー(アメリカでは"ファー"という)、疲れた身体に染みる出汁がアジア人には最高の麺料理。



いつもはベトナム移民の多いフィラデルフィアで食べる事が多いけど、今回は滞在先のブルックリンにあるお店に。



アパタイザーで頼んだパパイヤサラダもうまかった。







ワシントンDCに行くまでに朝ごはんに寄ったワッフルハウス、



イナタイ店構えにふと立ち寄り、あえてワッフルを食べずに名物っぽいハッシュブラウンとサンドイッチのセットを。











右のやつがハッシュブラウン(写真映え悪いですが・・・)。チーズを入れてカリカリに焼いてるやつもうまそうだった。見た目とにかく味はサイコーでした。








昔はモーテルでお菓子ばっかり食べてたけど、おっさんになったのでビタミン補給は怠らない。



食事からしか栄養はとれないので、フルーツ食べないとマジでバテるのが早くなります。







ニューヨークの深夜メシの定番のワンタンヌードル。



朝5時頃までやっているので、夜遊びの〆の定番ですね。チャイナタウンに2件ほど有名店があります。エビのプリプリワンタンはなかなか日本では味わえない。それもアンダー10ドルのチープなのも嬉しいところ。







ニューヨークのミッドタウンにある人気ラーメン店"TOTTOラーメン"、



ニューヨークのラーメン人気ってほんとすごい勢い。ここのお店もいつも満席、でもアメリカでたまに食べる日本食ってなんでこんなに美味しく感じるのでしょうか?



とにかくいつもお世話になっています。







サトウキビ100%のコーラ。甘すぎないダイエットコーク的な・・・個人的にはグンバツのコークでした。ホールフーズマーケットのオリジナル商品かと思います。







これも最近の自分の定番のハマスファラフェル。



イスラエルの定番メシで、ヒヨコマメのペーストを挟んだヘルシーなサンドウィッチ。



これもたしか3ドル50ぐらい。



安いんですこれ。







最後にマイニューヨーククラシックはベタですがアッパーウエストサイド72丁目にある"Gray's Papaya(グレイズ・パパイヤ)"。







これにパパイヤジュースのセットが定番。



今までこれを食べない出張は一度もないぐらい必ず行く。



それも3本はやっつけますね。








あっ、それと明日のイベント物販ではニューヨークらしくGray's Papayaのオリジナルバッジもだしますよ。


2017年10月5日木曜日

This Saturday Night 10/7/2017...

来たる今週のサタデーナイト、ちょっと神戸まで遊びに来ませんか?



コアなインディーラップマニアとして一部で知られるDJ Yoshi a.k.a. Vinyl Catさん主宰のパーティー「Kick Da Flava」が10回目を迎える記念との事で、DJ Jirouくん主宰の「Hip Drop」とWネームでの開催が決定!!



当店も微力ながら物販ブースで参加させて頂きます。



地味に初物販、今までタイミングとあまり出すものがなかったので・・・



せっかくの機会なので少しでも楽しんでもらえるように設置したいと思います。



マイメンDJ Yasushiも7インチセットで当店の周年エクスクルーシブの"FLY"のナンバーをスピンするとか(昨日打ち合わせで言ってた)。



とにかく濃いメンツでお祭りわっしょいですね。







【Kick Da Flava × Hip Drop】
2017.10.07.(Sat) at Borabora
Open 23:00
Admission 2,500yen/1D

「Kick Da Flava」Side

■Special Guest
DJ Kogataroo (Breakwell Records)
Dance Que(Rajah Brooks)
Kossy a.k.a. Rawman & Wu-Tan

■DJs
Toshinobu (Deep)
Erika (Tricolour)
Cotoco (RDCB)
Yoshi a.k.a. Vinyl Cat

■Live
Light2

■Dance
GS
Too Kool Guys

「Hip Drop」Side

■Guest DJs
Panzo a.k.a. Pee-fine (Yo! Bros Pro.)
NK-Sunshine (All Nude Inc.)

■DJs
Mura-T
Yasushi (Groovenut Records)
Ikkei
Jirou (Yo! Bros Pro.)


■Food
Borabora

■Chai Tea
ずーしみチャイ

■Sound
ADS

■Shop
Yo! Bros Pro.
pieces boutique

●Access




エニウェイ、



今回の物販ではpieces boutiqueエクスクルーシブのお香立てを先行で販売させて頂きます。



構想から形になるまでかなり時間がかかりましたが、拘りぬいた逸品。是非このタイミングに。







そしてそして、



タイミングよく買付にもいっていたので、物販用にいろいろ面白いものだしますよ。



ギリギリ、オリジナルのあいつもご披露出来るかな・・・?



生音好きが多い神戸の夜だけに、HOTな一晩になること間違いなし。



オープニングの23時からDJ JIROUスピン予定、早めのチェキで。



是非乾杯しましょう!


2017年10月4日水曜日

Nylon Anorak...

肌寒くなってきた今、大活躍なのがこのアノラック。



今年はフーディースウェット感覚で、Tシャツの上にサラッとオーバー目に羽織るのが調子いいです。



個人的にはアウトドアのイナタイさにスポーティーなトラックパンツの組み合わせがムード。







私はゆったり目のLを選びました。でもMでも十分国内ものだったらLぐらいあるUS規格の大きさです。



プルオーバーはざっくりのサイズ感がキーワードですもんね。



普段選ばないけど、ディープな暗めな赤もお勧め。赤ってガキっぽくなりやすいカラーですが、これはかなりアダルトな雰囲気。



でも山吹色のような濃い黄色をチョイス。正直かなり悩んだんですけど・・・





ORVIS / NYLON ANORAK JACKET - YELLOW





ORVIS / NYLON ANORAK JACKET - RED




ORVIS / NYLON ANORAK JACKET - OLIVE



枚数は各サイズ残り少量ですので、お早目のチェックで。