2017年7月23日日曜日

Feel Summer...





プリントTってメッセージが強すぎて、昔は結構抵抗あったけどここ数年普通に好きなやつ着ればかっこいいな・・・とあたりまえの事に気づいた(単純に好きをアピールするのが恥ずかしかっただけなのかも・・・ツンデレ体質なもので)。



このTシャツはNYのコアな若者の中でも今絶大な人気があるBrooklyn出身のPhony PPLのバンドT。



そしてデザインは僕の好きなDITC関連やオールドスクーラーのレジェンド達のロゴなどをデザインしてきた生きるレジェンド"Eric Orr"さん。



80年代にはあのキースへリングとのコラボレーションした作品がNYの地下鉄に展示されていたりと・・・まさに生きる伝説。



ちなにみにその時の作品をプリントしたコラボT(箱付き)も友人とのトレードで数年前にGETしました。
※それをインスタに以前UPしたらORRさんから直接DMがきてびっくりしました 笑 どこでそれGETした?と驚いていていましたね。やばーって 笑



エニウェイ、



若手のフックアップというのも大御所ならではのアプローチでいかにアーティスト活動を長くやっていけるかの生き様もかっこいいです。



3年ぐらい前の時は即完(枚数も少なかったはず)で手に入れる事ができなかったので、今回は是非です。







全色欲しいけど、僕はとりあえずオレンジから。



ありがたい事にお問合せもちょこちょこあり、残り少量・・・



オンラインにUPする前になくなると思うのでお早目のチェックで宜しくお願い致します。



んんん、黒も欲しい・・・


Why iii Love The Moon...





ロイヤルブルーで色合わせ作ったり、若いのにおませな配色。



ヤングなときはアダルトな雰囲気作りがちょうどいい。



全然理解できなくてもMiles DavisのKind of Blueを聞き出してJazzに足を踏み入れてみるように・・・


2017年7月22日土曜日

Buy it Now...





売れちゃいましたが、ご紹介できていなかったので。



こちらは98年製の定番のスーパースター。



80年代の復刻やスーパースター2や現行ものまでマイナーチェンジを繰り返してリリースされ続けている王道中の王道。少し前ですが、フランス製での復刻も話題(定価が高くて?)になりましたよね。



そんないろんなリプロダクションがある中で、どの年代がよかったやよくないなど意見は様々。ラスト(足型)自体が変わっているのでなんともいえないんですけどね。それぞれの個性はあると思いますが。



個人的には出来たらこれが欲しいシリーズはやっぱり90年代後期のモデル達。



生産国がフィリピンなどには変わってはいますが、なんか特別スペシャルな復刻をうたってないのに、作りが普通にいいのが最高です。



実際見た目はオリジナルとは違いがあるけど、オリジナルに限りなく近い履けるやつってところです。



ベロの長さやヒールカップの低さとかも現行ではありえませんもんね。シルエットもいいし、皮質もばっちりです。



同じスーパースターだけど、現行はスポーティー、この年代は革靴に近いレザースニーカーだと思います。



98年でも今から約20年前、定番のこのあたりは是非とも抑えてほしいです。



存在するうちに・・・



バイザウェイ、



今月末来月にかけて当店では珍しくポスターや小物に特化したやばーいアイテムどんどん店頭に入荷します。



毎年違うサマースタイルがあっても面白いかなーと 笑



リアクションが頂ければ幸いでございます。


2017年7月21日金曜日

Sep...





NYの先輩からイベントのフライヤーが。



3日間はいけなくても、どの日が調整したいなーと遊びから出張の日程を決めるというスタイル。



バイザウェイ、



放出や入荷も引き続きますので細かいチェックを。


2017年7月19日水曜日

Summer???





柄に柄の合わせ、シルクのサマーニットを素肌で着る。



この季節何着ても暑いよ、ただ肌離れがいいし素肌だと通気性がいい。



答えなんかきっとない組合わせは、個々の個性で着るもの。



結局夏になるとおもんなーいメディアで煽られたワンシーズンオンリーのTシャツにショーツにださい靴はいてキャッキャッなってギャルか・・・としかいえないファッションばかり。



今年も沢山Tシャツが量産されましたね(メッセージT着るなら意味ぐらい理解してほしい・・・)、イージーなファッションって実にマスが広いものだって実感。



それが悪いのではなくて、価値観が微妙かなーといいたい。



やっぱりシルエットがカッコ良かったり、遠くからの姿でもその人ってわかる個性がやっぱりカッコいい。



イージーなようでイージーじゃないんだよ。



センスは簡単にうまらない。



日々の鍛練でしかないと思います。